男性が美容院で髪をカットするのは違法になる恐れ 床屋の圧力で


P1030240
1: キチンシンク(東日本)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 13:23:37.19 ID:OfCoU4p00.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典

髪をカットするのに、理容室ではなく美容院に行く男性は決して珍しくない。ある調査によると、
20~64歳男性の美容院利用者は45.7%に上っている(リクルートライフスタイル調べ)。
新聞の首相動静欄によれば、安倍晋三首相もその1人だ。私も美容院に行く。

ところが厳密に言うと、いまの法律の建前では、男性が美容院で髪をカットするのは
違法になるおそれがある。なぜかというと、厚生労働省が美容師法と理容師法の運用について、
局長通知で美容院では「女性はカットしてもいいが、男性はパーマなど
美容行為の一環でなければダメ」と規制しているからだ。

男性はパーマをしなければ美容院でカットしてはいけない規制が本当に残っているのだ。ばかげた話である。

そもそも法律には、美容院と理容室を併設してはいけないという明文規定がない。にもかかわらず
「同じ建物の中で1つのサービスをやること自体が(ヒゲ剃りのような)資格外の行為を助長する」と強弁している。
なぜ、厚労省が抵抗するかといえば、業界からの政治的圧力が強いからだ。

理容室は年々、減少の一途を辿っている。1992年度には全国で14万3000店あったが、
2012年度には13万店に減った。美容院は18万8000店から23万1000店に増えた。美容院や
格安店に客をとられてはかなわない、というのが本音なのだ。美容院も現状維持を望んでいる。

http://www.news-postseven.com/archives/20150427_318925.html

3: アンクルホールド(兵庫県)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 13:24:37.63 ID:+5KKpCPl0.net
うちの近所では理容店探す方が大変なんだけど

続きを読む

関連記事


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)